ライン  
  クール   
2000年7月9日
 
 


2000年7月にまたまた出かけました。今回は仕事半分(表向き)、遊び半分(ホントは7割?)でした。 

今年は天候不順だそうで、丁度私達が到着した頃から、この時期としては珍しく雨天続きでした。
折角、登山というほどのことではなく、山歩きを楽しむのが第一の目的でしたが、あいにくの雨で予期していた成果は得られませんでした。
結局、到着してから1週間は雨。ということで標高が比較的低いチューリヒは雨ですんだのですが、サンモリッツのように標高が1800メートルを超えるとこれが雪に変わってしまうわけですね!

てなわけでサンモリッツを含め前半の写真は雪景色が多くなった次第。もっともホテルのマダムはこの時期雪はよくあることと言ってました。なんとなく怪しい感じを持ったので地元の人に聞いてみたら、やっぱりいくらなんでも吹雪にはならないとのコメント。ホテルとしてはそう言わざるを得ない状況にあったのかも?

さて以下の写真は時差ボケ解消のため雨をおして5000年からの歴史を持つクールへ出かけた時の写真です。

2階席二等車の二階席です。ちょっと天井が低い感じですが、とにかく空いているので助かります

クール駅です。チューリヒから急行で約1時間。

駅前の、というか駅のレストランのテラス席でアイスクリームとカプチーノで暫時休憩。

ホントは部屋の中で注文したのですが、とにかく蝿が飛び回ってうるさいので、外に脱出した次第。

スイスは農薬を使わない(酪農対策上使えない?)ので、日本では珍しくなった蝿が結構多いのです。

レーテイッシュ鉄道がアローサへ向けて出発です。
このタイミングを取るのに家内が大変苦労した一枚です。


クールの街の全景です。
赤い屋根が印象的。

セガンテイーニ美術館の前で。


教会の前の噴水。