ライン  
   シャモニー・モンブラン  
2000年7月17日
 
 


ジュネーブからシャモニーモンブラン1日観光のツアーでシャモニーへ向います。お一人様198スイスフラン(約15、000円)でした。これですべての交通機関(バス、登山電車、ロープウエイ)と昼食込みです。

シャモニーの街へ到着。ロープウエイ駅の前の案内版。

ロープウエイ駅で待機中。


後ろの山のそのまた上に展望台があります。


山の頂上に展望台のタワーが見えます。


展望台は2段階に分かれていてこれは下の展望台から上の展望台にあがるエレベーターへ向う途中の連絡通路です。


さすがにここまで来ると天気が良いこともあって、観光客が沢山いました。 エレベーターに乗るまで地下室で待つこと10数分、ようやくエギーユ・デ・ミデイの頂上へ到着です。標高3800メートル。空気が薄いことが実感されます。


後ろがモンブラン。山の姿がマッターホルンのようにはっきりしていないので、やや迫力不足は否めません。


これが下の展望台。ロープウエイはここまで。あとはエレベーターです。


左下がシャモニーです。


頂上に滞在すること約30分。ツアーですから先を急ぐのです。
麓のシャモニーの町へ降りて、これから後ろのレストランで昼食です。

ランチは結構本格的でした。サラダからオードブル、メインの魚と最後のデザート。家内が食しているのはフルーツポンチです。(違ったかな?)
ツアーの他のメンバー(日本人が多数)は屋内の指定場所へ追いやられましたが、我々はここが良いといってテラス席を確保。
主張すべきところは堂々と主張する必要がありますね。