ライン  
  サンモリッツその4 (デイアボレッツア)   
2000年7月13日
 
  サンモリッツへ来て、初めて朝から快晴となりました。
かねてガイドブックで確認しておいた晴れた日でないと景色が良くないというか見えないと言われている、デイアボレッツア(標高2978メートル)を目指すこととしました。
デイアボレッツアには先日乗車したベルニナ特急でベルニナ・デイアボレッツア駅まで行き、そこからロープウエイで一挙に頂上へというコース。前回、ベルニナでここを通過した際は吹雪の中で、駅も雪で見えないようなしまつでしたが、今回はご覧のように、良く晴れて絶好のハイキング日よりとなりました。
ところが、本当ならハイキングできる筈のコースは深い雪に覆われており、スキーができそうな程。結局、徒歩での下山は断念してロープウエイで戻りました。

ベルニナ・ダイボレッツア駅に隣接したロープウエイ。

デイアボレッツは悪魔の意味。列車の絵柄を見てください。

120人乗りの大ロープウエイ。今日はさすがに晴れていたこともあって私たち以外にもう一人乗っていました。でも朝1番くらいの発車ですから、そんなものかも。後から沢山乗ってきてました。

ロープウエイ乗車時に列車がホームに到着です。

頂上の展望台兼レストラン。
こんな頂上でもレストランの値段は平地と同じだし、ちゃんと制服を着たボーイが外のベンチまで運んでくれます。
でも私達は例によって、りんごとサンドイッチとコーラというダイエットメニューでした。勿論サンモリッツで前日購入したものです。

重装備で歩いている人はロープウエイに乗らず、下から徒歩で登山してきた人達です。

右手の山がデイアボレッツア(2978メートルです。)下に見えているのが氷河。

逆光で顔が見えない!でもこの方がベターかも?

たまたまレンズを覗いていたら雲に虹色がついていることを発見。今回の旅行で一番感激したシーンです。

うしろがデイアボレツアです。

雲の形がだんだんと形を変えています。